3種類の腸内細菌のバランスが大切。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌を増やして悪玉菌を減らせば、腸内環境が改善できて健康になります。

これは一般にもよく知られた正しい考え方なのですが、厳密に詳しく正確に理解している人は多くありません。

善玉菌と一言でいっても、そのような菌が存在するわけではなくて、たくさんの菌の種類の総称なのです。悪玉菌にしても同じです。

まず、代表的な善玉菌と悪玉菌をご紹介します。よく耳にする有名な細菌もあれば、聞いた事のない難しい名前の菌もあります。

また、善玉菌でもなく悪玉菌でもなく、両者の中間的な位置づけである日和見菌というのもあります。

それぞれの菌についての詳しい説明は後ほどしますので、今は3種類の菌があるということだけ知って下さい。

それでは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌というのが私たちの体にどのような作用を及ぼしているのかを説明します。

これを理解することができれば、ヨーグルトや乳酸菌サプリメントを効果的に利用でき、お腹の調子を整えたり、体の免疫力を高めて健康な体になってあらゆる病気に強くなります。

善玉菌と悪玉菌のバランスが大事!

私たち人間の大腸には、500種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。

腸内細菌には、さきほども申し上げたように、体によい働きをする善玉菌、悪い影響を与える悪玉菌、両者の中間に位置する日和見菌があります。

善玉菌と悪玉菌のバランスがうまく取れている時に、腸内は最も健康な状態になります。

善玉菌が減少すると、悪玉菌の増殖が促され、平常時には何も悪い事をしない日和見菌までが体に悪影響を与えるようになります。

善玉菌の主な作用は以下のようなものです。

便秘が改善したりするだけではなく、免疫作用が向上し体全体の健康に良い影響を与えます。

また、アトピー性皮膚炎も腸内環境を整える事で改善するという研究結果が多数報告されておりエビデンスがあります。

反対に悪玉菌の主な作用は以下の通りです。

悪玉菌が増殖する事で人間の体にとっては好ましくない影響がたくさん発生します。

腸の役割のページでもご紹介しましたが、腸は私たち人間の健康にとても大きな役割を果たしているのです。

おすすめ度No.1「久光制約の乳酸菌EC-12」

コスト/日

タイプ

64円〜

顆粒

乳酸菌数 特徴
1兆個

科学的根拠のある乳酸菌EC-12を使用

水無しで飲めるので通勤・旅行など持ち歩きに便利