腸内環境がなぜ健康に影響するのか?

乳酸菌を体内に取り入れれば腸の善玉菌が増えて腸内環境が改善されて、便秘や下痢が治ったり、花粉症が楽になったり、体が健康になるという話は聞いた事があると思います。

でも、どうして善玉菌がお腹や腸に良いのでしょうか?

どうして腸が元気になれば体全体が元気になるのか?

そういう乳酸菌の作用や腸の仕組み・役割まで理解している人は少ないです。

自分の腸の働きや役割を詳しく知れば、より最適な乳酸菌サプリを見つける事もでき、同じ寮の乳酸菌を食べたり飲んだりしても、得られる効果が全く異なってきます。

そこで、このページでは乳酸菌サプリの効果を最大にするために、腸の機能と役割を分かりやすく解説します。

腸という臓器が私たち人間の健康にどれくらい大切かという事が分かると思います。

また、便秘や下痢などの軽く考えられがちな症状も、実は最悪の場合には大腸がんを引き起こす重い病気であり、決してあなどってはいけない病気だという事も認識して頂けると思います。

腸は多機能で高性能な臓器

腸の機能としては多くの人が知っているように、食べたものを消化・吸収するだけではなく、大きく分けて3つの役割があります。

腸の一番の機能は、食べたものを分解して吸収する事です。

口から食べた物は胃や腸で消化・分解・吸収され約24時間後に便として排泄されます。

小腸は人によって差がありますが、だいたい4メートルから7メートルくらいの長さがあります。

十二指腸で分泌される唾液、胆汁、腸液などによって消化されて吸収されます。

したがって、この腸の消化・吸収機能がうまく働かないと生命の維持に必要な栄養が吸収できないので、人間は生きていく事はできません

次に、体内に取り入れられた物が有害かどうか判断する機能があります。

腸は「第二の脳」と呼ばれており、体内に有害物質が入ってきたら、それをブロックし排除します。

しかも驚くべきことにその働きを腸は脳の判断を待たずに自分の独自の判断で行います。

このような機能を持っている臓器は脳以外では大変珍しく、「脳腸相関」という言葉があるように脳と腸は切り離すことができな密接な関わりを持っています。

最後に解毒作用です。

小腸には「パイエル板」という免疫細胞の集合組織があります、

パイエル板の中には、真菌・細菌・死んだ細胞などを分解・処理する能力を持つ貪食細胞(どんしょくさいぼう:phagocyte)であるマクロファージ、リンパ球T細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞が含まれています。

これらの貪食細胞が腸内細菌(善玉菌)によって活性化されて、体に有害な菌などを摂取して分解することで免疫防御機能を働かせています。

この腸の免疫機能が活発に動いていれば、自然治癒力が高まっている状態になり、便秘や下痢だけでなくアレルギーが改善したりあらゆる病気にかかる事が少なくなります。

腸で解毒できなかったものは、その後に肝臓で解毒されるのですが、腸の解毒作用がきちんと働いていれば、肝臓の負担を軽減する事ができ、肝臓の病気にもなりにくくなります。

このように腸には、たくさんの機能があり、このどれが欠けても私たちの健康に大きな悪影響が生じます。

したがって、腸内を健康にして、機能を最大限に発揮できる状態にしておく事で、健康を維持できるのです。

腸を健康にするためには腸内細菌を活発に働かせることが必要であり、そのために乳酸菌が非常に効果的なのです。

おすすめ度No.1「久光制約の乳酸菌EC-12」

コスト/日

タイプ

64円〜

顆粒

乳酸菌数 特徴
1兆個

科学的根拠のある乳酸菌EC-12を使用

水無しで飲めるので通勤・旅行など持ち歩きに便利